脱・小麦について考える

2022.8.23

脱・小麦について考える

小麦を食事から抜いて2ヶ月になります。


『脱・小麦』に関しましては、
ここ10年ほどで【グルテンフリー】と呼ばれネットを密かに賑わせていました。

ご存じでない方はGoogleで検索してください。
おもしろ過ぎてYouTube動画とかずっと観てしまいますよ(笑)


小麦を抜くという事は、

・ラーメン、パスタ、うどん
・たこ焼き、お好み焼き、焼きそば
・パン、ケーキ、ピザ
・クッキー、スナック菓子


その他、
毎日Instagramにアップされている美味しそうな食べ物はほぼNGという事。


僕は幸運なことに「小麦アレルギー」ではないですし、むしろマクドナルドのハンバーガーが大好きです。


それでもこの【グルテンフリー】に挑んでみようと思った理由は、今の食環境すべてに疑問があり、真実を知りたくなったから。

この議論は果てしなく、ココで行うべきでもないので控えます。


今回は小麦だけにサラっと終わりたい(笑)

 

で、

小麦を抜いて2ヶ月。

「どうなの?」って事ですよね???

結論で言うと「まだわかりません。」

そもそも目に見えて効果があらわれるものなのかもわかりません。

定期的に血液検査を行なっていますが、次回の数値に影響があるのかもしれませんね。


ただ。
しかし。
でもね。


マクドナルドや宅配ピザ、ラーメン屋、パン屋にケーキ屋。。

これらに興味・関心がなくなった事は確かです。


街を歩けば飲食店だらけ。
その中で「ここは問題なし」というお店は少なく、コロナもあって外食は本当にしなくなりました。。。

 

近しい人には伝えていますが、
僕は臓器を提供しました。


最高の状態で渡したいと考えたその準備段階で、禁煙・禁酒をしただけではなく、『食環境』について調べたのです。


タバコのこと。
お酒のこと。
砂糖のこと。
畜産物のこと。


そして小麦のこと。



なぜダメなのかを知識として知ってしまえば、それはもう「我慢」とかではなくて、「欲しい」と思わなくなります。


外食をしなくなったのではなく、
外食をしたくなくなったという事なのです。


じゃあ、、

「一体何食べてんの???」ってよく聞かれます(笑)


ご心配なく。
炭水化物は全然食べるので、お米を中心とした食生活になります。

 


きっかけは小さな疑問でも、

調べてみると奥が深くおもしろい。


実際にやってみると、

見えていなかった事が見えて納得がいく。

もちろん新しい疑問や疑惑もあらわれる。

 

そうですね、

小麦を抜いて2ヶ月。

つらいけど、それがわかったのかもしれません。